【読書感想】細田守 著 「おおかみこどもの雨と雪」

ここでは、「【読書感想】細田守 著 「おおかみこどもの雨と雪」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おおかみこどもの雨と雪 (角川文庫)
おおかみこどもの雨と雪 (角川文庫)細田 守

角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-06-22
売り上げランキング : 4948


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

劇場にも足を運んだけど本であの映像表現を表すのは無理だった・・・。
まぁ、原作の補完的な要素も含んでましたけども。
細田さんにとっては初の小説だからだと思うんだけど、表現がちょっと単調。
しかし、ストーリーに関してはしっかりと網羅しておりストーリーを
追っかけるのには丁度いい気がしますね。

僕としては、この小説を読んでよかったなぁと思ったのが2点。
・主人公である花の生い立ちについて詳しく描かれてたこと。
これが一番でかい。劇場で見てた時は多少、花の家庭環境について?と
なってたところが解消されて良かったですねー。
・雨が何故、物語終盤「ある行動」を行ったのか?ということについての
プロセスが明らかにされ良かったです。

全体通して、劇場で「おおかみこどもの雨と雪」を見た人用の内容だと思います。
見てない人が読んだら薄いと思う内容も、見た人が読めば補完的な意味で満足できる内容かと。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuronokishi9901.blog62.fc2.com/tb.php/967-45e82e54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。