【読書感想】恩田 陸著 「六番目の小夜子」  小夜子伝説とは?

ここでは、「【読書感想】恩田 陸著 「六番目の小夜子」  小夜子伝説とは?」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう、10年近く前になりますがNHKで「六番目の小夜子」というドラマが放送されて
いました。何で今更そんなもの思い出したんだ?と自分自身を疑いたくなりますが、
朝の連ドラ「カーネイション」に出演している栗山千秋さんは、そういえばこの
「六番目の小夜子」で知ったんだよなぁと思い、昨年末本屋でこの作品を購入。
ドラマ自体は再放送も含め何度も見ていたものの、しっかりとストーリーを
覚えていたわけでもなかったので、純粋に作品を読めました。
ドラマ自体の印象は、視聴していた年齢のせいかもしれませんが、何故か
全編通して怖かったです。

さてさて、この「この六番目の小夜子」
自分が思っていたよりもあっさりした話でした。過度の期待があったせいかもしれませんが、
どうもミステリーやホラー、そして青春ものの3点をメインにした作りになっており
「高校時代こんな青春したかったわぁ~」と思ってしまう典型的な青春もので、
読んでい、自分の高校時代の黒歴史を思い出して若干鬱に・・・
青春ものとしては読んでいて面白い反面、ミステリー・ホラー部分に関しては
伏線回収がイマイチだったように思えます。物語は中盤の文化祭が最高潮!
更に謎が深まり、どうやってこの話を綺麗にまとめてくれるんだ?と期待を胸に抱いて
いたものの、結局最後まで不可解な事象についてのなんら説明がなかったりして
残念。何か大きなトリックを期待していたわけでもないが、全て「偶然」でかたがついたように
思えて仕方ない。そして、この物語の一番の軸である
「小夜子伝説」の存在の意味・意義って何だったのだろう?と読了後考えてしまう。
「小夜子伝説」自体は非常に良い題材だったとは思うのだけれども、料理の仕方を失敗したように思える。
むしろ、青春もの一本で書いてくれたほうが僕としては心地よかったかもしれません。

六番目の小夜子 (新潮文庫)
六番目の小夜子 (新潮文庫)恩田 陸

新潮社 2001-01
売り上げランキング : 7208


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuronokishi9901.blog62.fc2.com/tb.php/920-bb2a0c13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。