【読書感想】Fate/Zero Vol.1 -第四次聖杯戦争秘話- Fateへと続く始まりの物語。

ここでは、「【読書感想】Fate/Zero Vol.1 -第四次聖杯戦争秘話- Fateへと続く始まりの物語。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20111008164926(2).jpg

ようやく読了です。なぜ「ようやく」という言葉を使うのか?それは、3年近く放置してたからです。
ゲーム自体は、もう何年も前にクリアはしてたのですがなんでこんなに読むのが遅くなったのか、
本当に不思議で仕方ないです。アニメが始まるとのことで本棚の奥深くに眠っていた本作を
手に取り今週頭ぐらいから読み始めました。
「実に面白い。」この一言に尽きる。
令呪を持つ7人のマスター。そしてサーヴァントを丁寧に描いているように思えます。
Fateでは、衛宮士郎という少年を主人公において物語は進んでいったが今作は全く
テイストが違うように思える。言ってしまえば今作は、一人称の物語が群集劇になったのだ。
違うテイストで描かれたものなのに、やはりFateと同じ香りがする作品、Fate/Zero
今まで、「謎」であった部分がページを追うごとに解明されていく喜びは、
ファンにとっては最高であり、更にFateの世界へと入り込むことが出来る。

まだまだ、物語は序盤。しかし、劇場映画並みの驚きと感動を「この時点」で
僕は浴びてしまった。アニメの出来も1話しかまだ見てないものの素晴らしい出来だ。
しかし、本流の原作である今作はアニメでは汲み取ることの出来ない、
細かな設定、感情の起伏を読み取ることが出来る。
作家、虚淵玄の魂の一作だと思えるこの作品を読めることに感謝したいぐらいです。


Fate/Zero Vol.1 -第四次聖杯戦争秘話- (書籍)
Fate/Zero Vol.1 -第四次聖杯戦争秘話- (書籍)
TYPE MOON 2007-01-13
売り上げランキング : 13


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Fate/Zero(1) 第四次聖杯戦争秘話 (星海社文庫)
Fate/Zero(1) 第四次聖杯戦争秘話 (星海社文庫)虚淵 玄 武内 崇

講談社 2011-01-12
売り上げランキング : 446


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuronokishi9901.blog62.fc2.com/tb.php/894-65101a82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。