【感想】「コップ・クラフト3」 著 賀東招二 ~フルメタ終わってもガトー先生の作品は面白いです!~

ここでは、「【感想】「コップ・クラフト3」 著 賀東招二 ~フルメタ終わってもガトー先生の作品は面白いです!~」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20110129211403.jpg

今回は、発売日あたりが試験期間だったのであとで買おうと思って
発売後に色々と近所の本屋を巡ってみたのですが、
5店回って、全部「売り切れ」の嵐・・・。
頼みの綱の、「アマゾン」さんも売り切れで色々と購入までに時間がかかってしまいました。
結果的に、セブンイレブンで取り寄せして読むことになったのですが、
「コップクラフト」シリーズは、第三巻にしてガガガ文庫に移行してから初の完全新作です。
また、本来の発売が昨年12月だったのですが延期して今月発売になったという経緯もあったりします。
きっと、作者がモンハンに入れ込んだんだ・・・・きっと・・・。


さて、本編の感想なんですけど。その前に、表紙について。

どうして・・・・こうなった・・・・
前巻までの、渋い感じの表紙が好きだったんですけど、時代・・・ですかねぇ・
悪くはないんですけど、一気に方向性が変わったように思えました。
が、しかし。中身はしっかり前作同様のハードボイルドな感じのものに出来上がっていました。
ネタバレしない程度に感想をば。

ある事件の操作のため、ティラナが高校へ生徒として潜入!?ってのが、
帯に書いてあったのですが、しっかりそのとおりでした。
まさか、最初の挿絵がティラナのパンチラなんてファンサービスしすぎだろ・・・。
内容自体もしっかりしてて、物語がかなり後半になるまでまったく先の読めない展開
でしっかり楽しませていただきました。また、フルメタ時代からの読みやすい文体で
2時間程度で一気に読ませてもらいました。

前巻までも十分面白かったのですが、今のところシリーズ内で今作が一番面白いです。
ハードな面が多くて結果的にシリアス一本の話でした。
涙もろい自分としては最後に涙がポロリって感じでした。

本編以上に、「あとがき」も面白かったです。

これからも、賀東先生の活躍にきたいです!頑張ってください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuronokishi9901.blog62.fc2.com/tb.php/799-065f2e98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。