【雑記】「Preface of マルドゥック・スクランブル」 感想

ここでは、「【雑記】「Preface of マルドゥック・スクランブル」 感想」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20101224222348.jpg

遅くなりましたが、ムック本に収録されている
「Preface of マルドゥック・スクランブル」読了。
時系列でいうと、「マルドゥック・スクランブル 圧縮」よりも前の話で、
ドクターとウフコックが何故、バロットに目をつけていたか?ってことが
分かるお話。ウフコッ視点でほぼ物語が進行していきます。

書き下ろし50枚というボリュームなんですけど、色々とマルドゥック本編とのつながりを
感じてたら、「これは・・・50枚以上の内容だ!」とか勝手に思ってました。

この物語のオススメシーンは、ウフコックがカジノに潜入するところですね。
他にも本編でも登場した検事の姿なんてのが詳しく見えてきたりしたりと、
これを読んでから完全版を読むとより一層楽しめそうです。

他にもムック本に色々と載ってたのでその辺はまた後日紹介。

あぁー、早くマルドゥックのBD来てくれー!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuronokishi9901.blog62.fc2.com/tb.php/786-0a43dcb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【雑記】「Preface of マルドゥック・スクランブル」 感想
2013/07/04(木) | フェラガモ 店舗
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。