【雑記】劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer- 感想

ここでは、「【雑記】劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer- 感想」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
劇場版 機動戦士ガンダムOO ―A wakening of the Trailblazer― COMPLETE EDITION【初回限定生産】 [Blu-ray]
劇場版 機動戦士ガンダムOO ―A wakening of the Trailblazer― COMPLETE EDITION【初回限定生産】 [Blu-ray]
バンダイビジュアル 2010-12-25
売り上げランキング : 1

おすすめ平均 star
star絶対に見るべき
starイオリア計画の謎が解けます
starアニメの枠を超えた作品

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



映画見に行ってから一ヵ月後に感想って・・・。
どんだけ俺、空気読んでないんだよ・・・っとか思ってたら、
アニメ映画としては、珍しく12月25日にもうDVD/BDで発売決定です。
異例にもほどがあるだろコレ!って思ってたんですが、
正直、最近のバンダイビジュアルってあまり盛り上がるようなアニメのリリース
してないんで、00の劇場版売るなら今しかないのかなぁとか思ってます。
サンライズも最近、勢いのあるオリジナルのアニメ作ってないですしねぇ。
まぁ、この最速BD化って流れは嫌いじゃありません。
自分は劇場に行けたんですけど、やっぱり地域によっては行けない人もいるわけですし。
早いリリース自体は悪いことではないと思うんですけど、それにしても今回は早すぎかと。
とりあえず、友人と二人で行ったのは良い思い出。
関係ないけど、次はその友人とマクロス身に行く予定です。

【感想】
話の中身自体は詳しく説明しないのであしからず。

物語自体は00の2nd Seasonから二年後となってます。
もう、第一シリーズの刹那はどこへ行ったの?と思うぐらいに大人びているわけですよ。
なんっていうんでしょうね。
今回の劇場版は、

「刹那の成長劇とイオリア計画の最終段階」

だったわけですよ。
TVシリーズから見てた方ならわかると思うんですけど、この物語は
戦うことしか知らなかった少年の成長劇です。
「分かり合う事」
これが今回のテーマなんですが、この物語の最終章としてはピッタリかと。
実は、これってマリナ姫(ヒロイン)がずっと掲げてきたことなんですけど、
刹那とマリナはTVシリーズでは共に同じ道を歩めなかったんですよねぇ。
でも、刹那は変わろうとしてました。
武器しか・・・
戦うことしか・・・知らなかった少年が。
一歩ずつですが、前へ前へと歩む姿って良かったと思ってます。
そんな少年の成長の集大成が今作です。


内容なんですけど、
王道のSFをやったなって感じです。
中身としては、十分見ごたえのあったものだと思います。
何かのインタビューでも水島監督が言ってましたが、
極端な話、TVシリーズを見てない人でも音楽・作画・内容で満足できる内容かと。
ただまぁ、ロボット好きな人としては、
「こいつをもう一度最後に出して、マイスターと戦わせたら盛り上がっただろ!!」とか、
思っちゃいますねー。戦闘シーンに文句があるわけでなく、
もっと盛り上がるだろうなぁって思っちゃいました。
どこかTVシリーズの使い回しがあるかと思ってましたが、全く無く
純粋に完全新作のガンダムだったのか・・・。と、思わず納得。

正直、DVDやBDは購入予定ではなかったんですけど、劇場での戦闘シーン見たら
買いたくなってきました。今回、戦闘シーンの作画がかなり凄い。
劇場で、たった1回見ただけでは理解できない動きが早いし、ぬるぬる動く!
昨日から、00の予約が始まってるので購入しようか悩んでます。
それに、何度か見ないとラストの意味がしっかりと理解できない気もしますので。

自分の見解としては、07年に一期が始まったころ
「どう考えてもフルメタル・パニックのパクリだろwwwwwwww」とか、考えてた
わけですがフルメタも完結し、00も完結した今考えると両作品とも
違う終着点を目指して走ってたんだなぁとつくづく思ったりします。


賛否両論あるってのは、それだけ多くの人が真正面から見て、
物語に関心があるってことだと思うので、ぜひとも興味のある方には見ていただきたい。
まだ、劇場で公開してるところもあるので、お近くで公開してる劇場がまだある方は、
巨大スクリーンで弩迫力の戦闘シーンをご覧あれ。
公開が終わってる地域の方で、この記事を見て少しでも劇場版00に興味を
持ってくれた方は、何の縁かクリスマスにリリースされるDVDかBDでも
見てやってください。

では、本日はこれにて。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuronokishi9901.blog62.fc2.com/tb.php/755-d5e95992
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。