スパロボL参戦作品紹介④ 「マクロスF」

ここでは、「スパロボL参戦作品紹介④ 「マクロスF」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
劇場版マクロスF~イツワリノウタヒメ~ Blu-ray Disc(PS3専用ソフト収録) 特典 初回生産限定封入特典「劇場上映 生フィルムコマ」&「クリスマスライブ」プレゼント応募コード付き
劇場版マクロスF~イツワリノウタヒメ~ Blu-ray Disc(PS3専用ソフト収録) 特典 初回生産限定封入特典「劇場上映 生フィルムコマ」&「クリスマスライブ」プレゼント応募コード付き
バンダイナムコゲームス 2010-10-07
売り上げランキング : 7


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


どうやら記事投稿がうまくいってなかったみたいですいません。
ちょっと書き直してみたりして分量をUpさせましたのでご勘弁をw
友人にも続けて欲しいといっていただけたのでこれからも作品紹介していきます。

本日紹介するのは、この作品。(画像は、劇場版のものをしようしております。)
2008年4月放送開始のマクロスFです。時期でいうとちょうど、「コードギアス R2」と
同時期に放映されたものです。

余談なんですけど、この作品。4月に放送が開始されたんですけど、実は07年の年末に
プロトタイプバージョンの1話が特番として河森監督も自ら出る形の番組として放映
されてたんですよね。いやぁ、テレビ局も河森の監督の作った「創世のアクエリオン」の
OP曲である「創世のアクエリオン」がパチンコのお陰で、
ブームに乗っかって特番作っちゃいました)キラッ!的な
オーラがあったのを覚えてます。芸人集めてワイワイやってましたね。

さてさて、話が脱線してしまいましたが全編通して感じたのが
「デジタルアニメ」と「CG」の融合に違和感を感じなかったことです。
自分は「マクロス ゼロ」(以下ゼロと略します)の時も違和感なんてものは感じなかったのですが、
ゼロの時はOVAであり時間も十分にかけて作品を作れたと思うんですが、
今作は、マクロス7以来13年ぶりのテレビシリーズであり、とにかく作品を作る時間が
大幅にゼロと違ったので当初心配していたのですが、僕の心配を裏腹に
高クォリティな作品として仕上がっています。放映当時は、まだまだBD普及は今よりも
圧倒的に低かったのですが作品の高クォリティを最大限に活かして、試聴したいという
消費者が多かったためかBD版が非常によく売れていたのも懐かしいものです。

物語の時系列はマクロス7からの続きとなるんですが、
過去作品のネタが物語に散りばめられており、マクロスシリーズを知っている方なら
大いにニヤニヤ出来た内容だったでしょう。冒頭で出てきた「マクロス ゼロ」も
作品中1話を丸々使うという形で作中にも登場したり、
大ヒットしたOVA作品「マクロスプラス」で登場したヴァルキリーの「ゴースト」も
登場したりしてとにかくマクロスファンなら見て悪い気はしないはずです。

マクロスと言えば、なんと言ってもヒロインたちの歌です。
今作は、シングル・アルバムと販売される度にオリコンチャートを圧巻。
自分も何枚か購入しました。作曲は、河森監督と10年以上前から付き合いのある
菅野よう子さんが行っており、彼女の才能溢れる曲を毎回TVで聞けるというのは、
自分にとっては贅沢そのものでした。

さて、これまでに映像や音楽といったマクロスの魅力を紹介してきましたが
マクロスでは伝統になりつつある。
三角関係についても触れてみましょう。

えっと、ですね・・・。
主人公の出した答えなんですけど・・・
「お前たちは、俺の翼だーーーー!!」


なんて最終話で言っちゃって、二股かけたまま最終話となりました。
そうなんです。
マクロスFのFとは、「フロンティア」の意味ではなく。「二股」のFだった!!ってことを
当時ネットで騒がれてましたね。
これに関しては、自分はとくに異論がなかったんですよね。
勿論、ひとつの答えを導き出すってことは大事なことだと思うんですけど、
もし、選べなかったらどうすればいいのか?って考えた時、
選ばずにそのまま進むこともありだと思うんですよ。
男女関係だけでなくとも考えられるんですけどね。

それにマクロスという作品は常に、「新しさ」・「斬新なセンス」。
この二点を大事にしてた作品なので、期待を裏切ってくれた面では、
「新しさ」を追求した作品なのかなぁと思います。

先日、紹介した「鉄のラインバレル」のCGとは比べ物にならないくらい、よく動き
繊細な作りの機体が登場しますし、何より歌と映像がこれ以上ないだろうと
思うぐらいマッチしております。
(もちろん、OPもそうです。二期のライオンは本当に良かった・・・)
個人的にお勧めの回をひとつ紹介しろと言われたら迷わず選ぶのが

マクロスF 第07話 「ファースト・アタック」です。

とにかく、序盤は「ロボットアニメは苦手・・・」という方も、7話まで見てください。
ある意味、最終話クォリティな話なので。

この作品、現在劇場版を順次公開してまして前半である
「イツワリノウタヒメ」という作品が近日、販売されるのですが
テレビシリーズとは、全く違った展開のマクロスFが堪能できてお勧めです。

ではでは、本日はこれにて。

【雑記】
シュタインズゲートのサントラがアニメイトに売ってあったので、
早速購入してきました。

あなたの一票で僕が救われます。良かったらワンクリックお願いしますw 
にほんブログ村 アニメブログへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuronokishi9901.blog62.fc2.com/tb.php/742-f28e0638
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。