METAL GEAR SOLID PEACE WAKER SS1-「平和」と「核抑止論」について-

ここでは、「METAL GEAR SOLID PEACE WAKER SS1-「平和」と「核抑止論」について-」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かつて一人の女性がいた。
彼女は気高く誰よりも国を、世界を愛していた。
そして、忠を尽くし死んでいった・・・。

これは、その彼女の最後の弟子である一匹の蛇の物語。
それと同時に全ての「蛇の物語」の真の始まりを告げる作品。
そう蛇は迷いを断ち切り、自分の歩む道を決めたのだ。




■ シリーズファンとしての視点
MGS3を初プレイした時から疑問に感じていたことがある。
「BIG BOSS」という称号を得たスネークは、本当の「BIG BOSS」になれたのか?
確かに、形式上は称号を得た形にはなっていただろう。
しかし、それはあくまで形式上。
彼(スネーク)自身が「BOSS」を超える「BIG BOSS」という称号を認めるには、
彼女(ザ・ボス)の死を正面から捉え、乗り越えなくてはならない。
今作は蛇が、真の「BIG BOSS」になるまでプロセス。
つまり彼女の死と真っ向から向かい合い、自分の道を切り開く蛇の姿を描いたものだ。

その物語を語るためのテーマが、「平和-PEACE-」
「平和」とは何?
今、暮らしているこの世界は「平和」なの?核兵器が世界に溢れていても「平和」なのか?
内戦で少年兵が戦ってる今も、「平和」と言えるのか?

「平和」というものに対して、人それぞれ見方は変わってきます。
僕自身、答えなんて存在しないと考えてます。
「平和」は、物質として存在しているわけでもないので、目に見えません。
だから、数学の問題のように答えがひとつと定まったものでもない。

では、冷戦下で平和を保っていた考えである「核抑止論」はどうか?
(無論、現在も核抑止論は存在します)
平和という幻想は「核抑止論」によって成り立っている。
この問題について、真正面から望んだ作品だ。

「核抑止」については、本当に若い世代から僕より上の世代の方。
様々な方に理解してほしい。
「核抑止」とは、互いに核を持っているので、核を撃たない。撃たせない。
でも仮に核を他国が打ってきたら、果たして打ち返すことなんてできるのか?
正直、こんな当たり前のことを僕は考えたことがなかった。
「核戦争」なんて今の時代、僕の身近で起きる物ではなく遠い存在だと考えていた。
言ってしまえば本当は「当たり前」であってはならないことを「当たり前」だと感じていたからだ。

しかし、PWをプレイしていくうちに。
この世界の核に対する認識や核抑止に対する理解の低さを感じた。
本当は、「今」この瞬間。核戦争が起きてもおかしくない。
言い過ぎかもしれないが、それほどに世界は「核」を持っている。
アメリカが持っている核弾頭の数だけでも軽く地球は滅ぶでしょう。

僕ら人類は、発明という文化によって多くのものを得てきた。
「核」もそのひとつだ。使い方一つでガラリと姿を変えてしまう。
だから、認識を。危険性を。過去の過ちを。
伝えていかなきゃなりません。

■ 感想

65年前、
「第二次世界大戦」という大きな戦争で二発の核弾頭が広島と長崎に落とされました。
そこで、多くの本当に今まで普通に生活してて明日の予定を考えて暮らしていた人が、
一瞬にして亡くなった。その惨劇や過ちを伝える、語りべ達も年々少なくなってきており、
唯一の被爆国である日本の「核」に対する認識が薄れてきているように思える。

「核なき世界」へと人類が一歩ずつ前進してる今だからこそ、
ピースウォーカーはその惨劇や過ちを伝えていくために多くのメッセージを残してくれた。
僕らは、歩んでいく。
その歩みの中で、僕らだけの世代ではなく次の世代。その次の世代へと多くの種を撒きながら
歩んでいく。その撒いた種が次々と咲いてく。
それが僕らに出来る。僕らにしか出来ない「伝える」ということ。
僕だけが伝えていくのではない。この記事を見てくれているあなたもその紡ぎ手だ。
どんなに時間がかかるかわからない。しかし、いずれその撒いた種が芽を出し咲いていく。
その花で世界中が覆われた時、真の「平和」が訪れるのだと思う。
これが僕の考える「平和歩行計画」-ピースウォーカー-
だから僕は、伝えていく。
どんなに小さい力だろうと。伝えていく。
それが僕の義務や使命でもあり、これが僕なりの戦いだと思うから。


僕とは違う捉え方で「PEACE WAKER」を捉えて、伊藤さんも天国で歩んでいるのだと思う。
舞台は違えど、共に歩んでいきたい。それが、ピースウォーカー。

世界中の人にこの言葉を届けたい。

セイ・ピース!!


ご意見ご感想。お待ちしております



あなたの一票で僕が救われます。良かったらワンクリックお願いしますw 
にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そういえばゲーム中にも出てた言葉ですが
「人類の状態に於いて平和と云う状態はあり得ない。それ故に平和は法により作られねばならない。」
※多少の誤字はお許しください。
これは核という地球に本来存在
しえなかった兵器を造ってしまった我々人類の業なのでしょう。
勿論、この兵器を使い争えば、
世界は滅茶苦茶になります。
恐らく、敵も味方もなく、本能
の赴くままに争うでしょう。
それでは駄目という理性がまだ
働いてる今はまだ核戦争という
最悪の事態はありませんが、
タガが外れたり揺るんだりしたら、核戦争は現実のものと
なります。
そんな事態が絶対におこらないようにしたいですね。
2010/05/21(金) 17:34 | URL | 雷阿 #-[ 編集]
雷阿さん、コメントレス遅れて申し訳ありません。今日から本気出す)キリッ
> そういえばゲーム中にも出てた言葉ですが
> 「人類の状態に於いて平和と云う状態はあり得ない。それ故に平和は法により作られねばならない。」
> これは核という地球に本来存在
> しえなかった兵器を造ってしまった我々人類の業なのでしょう。
人は、生活を豊かにしようと、様々モノを作り出してきました。
核もそのひとつでしょう。だから、背負っていく必要があるのです。
生み出した責任を人が負わなくては、次のステップへ進むことはできません。

> 勿論、この兵器を使い争えば、世界は滅茶苦茶になります。
> 恐らく、敵も味方もなく、本能の赴くままに争うでしょう。
> それでは駄目という理性がまだ働いてる今はまだ核戦争という
> 最悪の事態はありませんが、タガが外れたり揺るんだりしたら、
> 核戦争は現実のものとなります。
> そんな事態が絶対におこらないようにしたいですね。

理性が働いているから、核戦争が現在に至るまで起きてないのは確かでしょう。
しかし、その「理性」というリミッターが外れるとどうなるのか?
それを考えると、恐ろしくてたまりません。
今、人類は核と真正面から向かおうとしています。
だから、若い世代に伝えていく必要があるのです。
戦争が遠い存在と認識してる世の中ですが、実はとても近い存在であることを
私たちは忘れてはならないと思うんです。米ソの冷戦は終わったとされていますが、
果たして、核保有国が増えている今こそ真の、「冷戦」だと思います。

まじめなコメレスですいません。
ブログのほう拝見しましたがPWまだ購入してないのに、このセリフをチョイスするのは、
なかなかだと思いました!ストーリーは、歴代でもトップクラスです。
そして、何よりゲーム性も大幅に進化してます。ぜひ、プレイしてください。
CO-OP出来る日を楽しみに待ってます。
2010/05/26(水) 00:32 | URL | 黒の騎士 #-[ 編集]
PW今日買いました。
やっぱ面白いですね。
なんか全国大会もやるらしいですし。
もしその時に参加されるなら
CO-POできるかもしれませんね。
参加なされるならそのときに♪
2010/05/27(木) 19:12 | URL | 雷阿 #-[ 編集]
PW全国大会やるらしいですよ。
で、仲間内で今のところは負けで元々ででよっかって話なんですよ。
で、そのときに決勝まで行くか、同じところの予選だったらそのときに出来ると思うんでそのときやりましょう!(出られるんであれば、もしくは決勝まで行けたら?)


2010/06/06(日) 08:40 | URL | 雷阿 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuronokishi9901.blog62.fc2.com/tb.php/712-443ed42a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。