FC2ブログ

「遠藤正明 -ENSON- 販促イベント in 福岡」に行ってみた。レポート編

ここでは、「「遠藤正明 -ENSON- 販促イベント in 福岡」に行ってみた。レポート編」 に関する記事を紹介しています。

どうも、更新サボり過ぎてる男こと黒の騎士です。
まともに更新するのは、日曜以来ってどんだけ、サボってんだ俺・・。
コメントレスのほうも、コレが書き終わったら速攻で、やりますんで。
すいません。

さて、今日は、かなり遠出をしてみました。

それは、








「遠藤正明 -ENSON- 販促イベント in 福岡」


遠藤正明氏が福岡でイベントをするとのことで、急遽参戦してきました。
まぁ、無料ってわりにはかなり交通費がかかってしまいましたが・・。


俺の最高の思い出の1ページに決定!!


16時開演であったが2時間前から、かなり大勢の人がステージの周りを覆っており、
若干、ビビる管理人・・・。


16時開演。客席は超満員!!


その中で、3列目をゲットしてた管理人は、勝ち組だったでしょう。
生の遠藤さんを5メートル前でみれたのですから。
何度も、目が合い俺のテンションが上がりまくった。



MCの「遠藤さんの登場です!!」

一同歓喜www!!

おぉぉぉぉぉぉ!!

男女の熱い叫びが会場を埋め尽くす。

そして、まずは最初は挨拶がてら


爆竜戦隊アバレンジャー

遠藤さんのパフォーマンスを遮るのは、マイクのコードの短さorz
マイクのコードが短くてサビでクルクル回れず、よく引っ掛かってたwww
あのマイクのコードの短さは致命的でした。
熱い声は、全く関係ない学生達の足をも止めてしう力・・・。

ここで、フリートーク。

MC「なんで、今回アニソンのカバーアルバムなんて出したのでしょうか?」

遠藤「いやぁ、今年はJAM(JAM Project)が忙しくてオリジナルアルバムは出せないと
     思ってたんですよ。でも、カバーアルバムだと
    

   
作詞も作曲もしなくて楽じゃないですか?
    
            だから、出したんですよね(笑)決して、最近のカバーソングブーム
           
乗っかったわけじゃ ありませんよ(笑)」


一同爆笑( ゚Д゚)ァハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \


次は、

愛をとりもどせ

の前にアニソンミニ講義で我々に「先生」と呼ばせて喜んでた

一同
「先生~!!」

遠藤「いいなぁ~。よし次は男子黙ってろ。」

爆笑( ゚Д゚)ァハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

女子「先生~!!」

遠藤「やっぱり、同じ先生って言ってもらうにしても男子より女子のほうがうれしいな。」
彼のフリートークには脱帽です。

ここで、会場の人から3人集め生「Youはshock!!」を叫んで貰い。会場を沸きあがらせる。


創聖のアクエリオン


会場の温度が一気に上がり
。最高すぎて、管理人の手は拍手のしすぎでかなり
腫れてしまいましたwwww


次は、Go Go power rangers

機材の電源が落ちるトラブルもあったけがすぐに復活。
機材の問題の解決までの間も会話を止めない遠藤氏は天才かと思った。

この曲も、また燃える!!

そして、最後に福岡で初公開となる


「エコガインダー」の発表。


生で、しかも初公開に出会えてよかったです。

その後サイン会。対象商品を購入しなければいけませんでしたが、
かなり悩んだ末、



080823_2158~01












購入してサインを頂きました!!


サインを書いてもらってる間の遠藤さんと俺の会話。

俺「生で初めて会えて感激です。」

遠藤「いやいや、今日は来てくれてありがとう。俺も会えてうれしいぜ。」

俺「影山のアニキとは仲良くしてくださいね(笑)」

遠藤「仲ええわ(笑)」

俺「ENSON通常版と限定版一枚ずつもってますけど、今日、歌聞けてすごく感激したんで
    もう一枚買いましょうか?」

遠藤「ありがとう。いや、いいよ。三枚持ってても使わないだろ(笑)」

そして、硬く握手。


遠藤



「また、会おうな!!」

感激・・・。この一言で片付けられるようなもんではないですが、
最高に楽しかったです。あの会場の盛り上がり方は、すごかったです。
本当にすばらしい経験が出来てよかったです。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuronokishi9901.blog62.fc2.com/tb.php/58-0ebf9e72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック