2008年声優アウォーズ&アニソン大賞

ここでは、「2008年声優アウォーズ&アニソン大賞」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パピゆきさん・・・、ようやくコレを書ける時が来ましたよ!!
お誘いを受けて本当に時間がかかってしまってスイマセンwww

~2008年声優アウォーズ&アニソン大賞~

~2008年声優アウォーズ&アニソン大賞~
・主演男優賞
・主演女優賞
・サブキャラクター男優賞
・サブキャラクター女優賞
・新人男優賞
・新人女優賞

・OP大賞(アニメ・ゲームのOPの中で最も気に入った曲)
・ED大賞(アニメ・ゲームのOPのEDの中で最も気に入った曲)
・ベストオブ歌唱賞(最も気に入った声優名義での曲)
・特別賞(キャラソン、挿入歌の中で気に入った曲)


あくまで黒の騎士的な感想なんで異論は認めますwwwwwでは、どうぞ
■ 主演男優賞

福山潤さん

個人的には、大物アニメであるサンライズのコードギアス・京アニのクラナドっといった感じでどちらに要を置くかということでかなり、この主演男優賞というものは変わってくると思います。
最後の最後まで一昨年前からナレーション業だけでなく声優業も精力的に行ってる中村悠一さんと悩んだのですが、福山潤さんにさせていただきました。
(だってクラナドの智代編での副会長に福山さん使ってもう岡崎よりインパクトあり過ぎてwwwww・・・ゴメン)

冗談抜きに選んだ大きな理由はやはりコードギアスR2でしょう。
序盤の記憶がない「ゼロ」でも「今までのルルーシュ」でもない三人目の主人公
(新ルルーシュとでもしておきましょう)の演技力です。
本当に記憶が戻るまでの時間、演技力には正直驚きました。
ターンエーのキースの頃からの古参のファンなので非常に感動しました。

そして、ルルーシュの記憶が戻っていく、「新ルルーシュ」→「今までのルルーシュ」→「ゼロ」
の流れは、鳥肌もの!

まぁギアス本編に触れることになるのですが、クライマックスにかけての全てを失った主人公を
演じきり、最終話では今まで以上に、「ルルーシュ」というキャラクターを理解し、
演じきってたと思いました。

また他の作品で言うと「狼と香辛料」のロレンス・「マクロスF」のルカ・「クラナド智代編」の副会長
と2008年のアニメ史に大きく歴史を刻んでくれました。
ただ、ルルーシュの演技に力が入りすぎていたので、これから変な癖が付かなければいいなぁ
と思ってたりします。
今年も活躍期待してます。


■ 主演女優賞


小清水亜美さん

これに関しては異論は認めませんよ?
「明日のナージャ」で彼女のファンになった私としましては、やはり彼女を推さざるえません。
こちらは、ゆかなさんとどちらを選ぶか若干悩みましたが、
やはり小清水さんしか考えられなかったのでこちらに。
ギアスでは、本当の意味のヒロインを演じ、最終話の演技には感動させてもらいました。
また、1クールしか放映はなかったのですが、「狼と香辛料」でのホロも役柄にぴったりで、
今まで、距離を置いていた「狼と香辛料」を全巻購入するまでの後押しになりました。
コレだけの演技力を持ちまだ20代前半・・・。
末恐ろしいというか、これからの声優界を引っ張っていく人だと確信しています。

ゲーム面においても、
今回ロボットゲームの看板と言っても過言ではない「スーパーロボット大戦」シリーズ最新作の
「スーパーロボット大戦Z」にエウレカセブンのアネモネ役として出演。
さらに、同じくエウレカセブンがパチンコ化と非常に輝いた一年間だったと思う。
更に、今年はエウレカセブンの劇場版が公開とますます注目が集まるでしょう。
今年も、頑張ってもらいたいものです。


■ サブキャラクター男優賞

中村悠一さん

主演男優賞は、渡せませんでしたが中村さんにはサブキャラクター部門ということで。
やはり、ナレーション上がりなので声優としての基礎が出来上がってます。ノミネートの理由としては
ガンダム00で多くの名言を残してきたグラハムさんの力です。まさかここまで多くの名言を
残すとは思ってなかったので驚きです。
また、近年10代からの声優さんが多くいる中、若干遅めの開花?とも思われますが、
その分、演技・フリートークなどで本当に頑張ってると思います。
今年は「マクロスF」が映画化と、まだまだ中村人気は止まりそうにないです。期待したい。

■ サブキャラクター女優賞

中島愛さん

えっ!!っと思われる方も多いでしょうが、シェリルがヒロインだと思ってる俺の考えなんで、
サーセンwwww。新人のほうにランクインさせるか悩んだけど、演技の上達面を見てると
「新人」という名を付けるのが失礼に当たるのでは?などと思ってしまったので、こちらに。
マクロスFでの演技の上達は、目覚しいものがありました。序盤は本当に「あっ、新人だなぁ」
と思われても仕方ない演技でしたが、後半にかけてはようやく演技にも慣れてきたのか、
かなり上達して驚きました。約1年?でここまで進歩するものなのか!!と彼女の成長には
驚かせてもらいました。また、マクロスFでの歌のほうも最初のころに比べ発声のコツを
掴んできたらしく、「アイモ」では鳥肌が立ってしまいました。
これからもアニメ業界で声優をするかは定かではありませんが、一年間で非常に成長した
声優の1人だと思っています。


■ 新人男優賞

前野智昭さん

正直、一年前の俺なら名前も知らなかったでしょうが、4月から放送してた「図書館戦争」を見て、
知りました。なんていうんでしょう?新人と思えないんですよねー。
それだけ演技が上手いって事なのかもしれませんが。
声質のためか図書館戦争では、キャラクターにはこの人の声じゃないとダメだ!
などと勝手に思ってた時期もありましたが、結局のところまだ未知数です。いい加減でスイマセン。
しかし、新人とは思えないってことはむしろ演技力が高いということを意味します。
今年どのような活動をするか期待しておきましょう。

■ 新人女優賞

水原薫さん

らき☆すたなどでもかなり、光っていた彼女をノミネートさせていただきました。
「喰霊」では、本当に少ししか見てない私でも「この子・・・くるわ!!」と思ったりしてました。
まだまだ、キャラクターに表と裏がある際の演技については、いくつか注文はありますが、
それでも、近いうちに大きなアニメのヒロインになることは間違いないかなぁとか思ってます。
何より、「喰霊」のアニメ版が非常に評判が高いので、続編、そして売れっ子へ!
などという方程式もあながち見えてきます。
今年は、どんなアニメに出るか楽しみです。

■ OP大賞

「ライオン」/中島愛&May'n

「マクロスF」OP


楽曲系になるとどうも、菅野さんがプロデュースしてるマクロス系がどうしても
強くなってしまうのですが、「ライオン」を選ばさせていただきました。
これが・・・マクロス!!と思ってしまうほどの出来です。パソコンでの視聴数も200回を
突破wwwww。なんだかんだ言っても歌詞がマクロスの世界観にあっている。
そして、OP映像も素晴らしく曲とマッチしており、もはや「アニソン」というジャンルから
飛び出てもおかしくないレベル。昨年のアニソン三昧にもしっかりノミネートされてて
うれしかったですわ(たまたま、その部分だけ聞いた。)

■ ED大賞

真空のダイアモンド・クレパス/シェリル・ノーム starring May'n

「マクロスF」ED


一応コレもEDだよな?とか思いつつノミネート。
通常版の「ダイアモンド・クレパス」でも十分良かったのですが、
やはり例のミシェルのシーンが頭に残っていてこちらをノミネート。
楽曲的にもコチラのアレンジが好きだからってのもあるのですが。
「真空」の名にふさわしい曲でした。個人的にあのシーンは「クラナド」や「うたわれるもの」並みに
何度も泣いてしまうのでシーンにあってたから印象が強いのかもしれませんが。


■ ベストオブ歌唱賞

トライアングラー/坂本真綾

「マクロスF」OP


声優名義っとなるとこの人しか思いつかなかったです。
結局、楽曲系はマクロス祭りになってしまいましたが、やはりトライアングラーしか考えられない。
天空のエスカフローネを当時、ガキだったが見て一気にファンになってしまった、
坂本真綾さんですが、もうデビューして10年以上経つんですね・・・。
俺も年をとるわけだ・・・。
やっぱり歌唱力をしっかり持ち合わせていると言うのを、この曲で再認識された方が多いのでは
ないだろうか?
久々に菅野さんとのタッグですが、やはり凄いなぁとしか思えない。


■ 特別賞   マクロスF最終話より 


娘々(ニャンニャン)サービスメドレー/

シェリル・ノーム starring May'n、ランカ・リー=中島愛、坂本真綾(蘭雪)




あれっ?中途半端なアニメの終わり方もなんかスッキリしたぞwwwwっと錯覚させてしまうほど
勢いがありました。そう、勢いが。最終回の河森さん率いるサテライトがCGだけはすごいぞwww
と力を入れたあの最終話の戦闘シーンは、曲以外考えられない。
むしろ、この曲以外だと認められません。
全ての楽曲が上質なものであったからこそ、コレほどまでに美しくそして激しいメロディーが
作れたのだと思う。
また、転調の仕方が非常によく聞いてても違和感が全くない。
そんな俺のパソコンでの再生数は、「ライオン」を越し、327回ですwwwwwwwwww
朝と夜はほぼ聞いてましたので。
とにかく、私はこの曲が特別賞にふさわしいものだと思いました。




この記事を年始一発目に持ってきたかったのですが、やはり受験勉強のため時間が作れず、
ちょくちょく書いてると、結局5日もかかってしまった。待っていた人スマン。

やはり、昨年の主要アニメである「マクロス」、そして「コードギアス」が大半を占めてますが、
それだけの思い入れの強い作品だったのだなぁと記事を書いてて思いました。

まぁ雑談なんですが、とにかく受験を早く終わらせてアニメの感想とか本腰入れて書きたい
ですね。そして、PCのHDDがもう限界だと言うのを分かっていながら使っているので、
HDDの交換もやったりとやりたいことが多いのです。

もうしばらく不定期更新になりますが、あと少しまっててください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuronokishi9901.blog62.fc2.com/tb.php/419-7f4c7630
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
機動戦士ガンダム00 ダブルオー セカンドシーズン 第14話 「歌が聞こえる」 はコチラです。
2009/01/13(火) | 機動戦士ガンダム00 ダブルオー セカンドシーズン 動画集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。