最終回 コードギアス反逆のルルーシュR2 第25話 「Re;」 感想 完全版

ここでは、「最終回 コードギアス反逆のルルーシュR2 第25話 「Re;」 感想 完全版」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ebinavi27008

 

 

 

 

 

ここに少年の反逆に、幕が下ろされた。


予想通りの展開と言っては難だが、最終回は、個人的には大満足!。
興奮しまくりなんで、後で詳しく感想のほう書かせていただきます。

DVDを更に買おうと心から思った。R2の2巻は、近いうちにブログに載せる。


感想書きました。続きをどうぞ。


正直、最終回に何の不満もなかったので、書くことが・・・。

とにかく、カレンVSスザクのナイトメア戦。



209563267721










img1222589406338267731

 

 

 

img1222589171981

209579

 

 

 


 


遂に、最終決戦!!スザクVSカレン!!
「生きろギアス」がかかっているにも関わらず、カレンは互角以上の戦いを披露。
一期以降、見れなかった地上戦も再現していただけたのが、よかったです。
二期になると、当たり前のようにフロートユニットを装備して、
空最強wwwみたいな流れでしたので、一期の地上戦をこよなく愛してた私としては、
非常にうれしかった限りです。



img1222589349324img1222589319139

 

 

 


img1222589563477

img1222589584783

 

 

 

 


209617

209618

 

 

 

 

 


ebinavi27008ebinavi27010

 

 

 

 

 

209624209627

 

 

 

 

 

img1222590275865

209636

 

 

 

 

 

ebinavi27019

ebinavi27016

 

 

 

 

 

ebinavi27022

img1222590284141

 

 

 

 

 

209639

209640

 

 

 

 

 

さて、今回の最終回。いつもは、文字で紹介していますが、
少し視点で感じてほしく、画像を多く使ってみました。
しかし、ここからはテキストによる感想を。




ゼロレクイエムの真実

ダモクレスを手に入れ、実質的に支配者となったルルーシュ。
それは、すなわち世界中の「悪」を象徴する人物。
そのルルーシュを、ゼロが殺す。
これによって、人々の中から「悪」を消すっというところでしょうか?
人々は、ゼロがまた奇跡をおこしたと信じ、ユフィの起こした
虐殺なども忘れさられ、世界に平和が訪れると。
正直、何話か前からルルーシュが絶対悪になり、死ぬことによって
世界が平和に・・・。っという終わり方は、予測していましたが、
実際に映像化されてみてみると、意外と良かったです。


ナナリーの求めた世界

ナナリー自身は、ダモクレスを悪の象徴にすると考えており。
これは、ルルーシュの求めていた絶対悪がルルーシュであるか、
ダモクレスであるかの違いであり、実際に求めていた世界は、
ルルーシュと同じであったこと。
そのため、全て自分で背負おうため、ルルーシュは自分自身の中にあった
ルールを破ってまで、ナナリーにギアスをかけダモクレスの鍵を奪ったのであろう。

シュナイゼルにかけたギアス

前話の第24話の「ダモクレス の 空」でかけたギアスは、
「ゼロに仕えよ」と命令していたがそこで「何故、ルルーシュに仕えよ」
と命令しなかったのか?そう考えたのは、俺だけだろうか?
その理由が今回分かりましたね。
ゼロレクイエム後の、新たに現れるゼロのためのものだったのだなぁと
実感。ゼロに仕えよとギアスをかけていれば、中身が誰であろうと、
記号であるゼロに仕えてくれる。ここまで、見越してのことだったのだなと、
改めて思いました。更に、ナナリーが治めるであろう国の補佐役にゼロがつく
とした際、セットでシュナイゼルもついてくると。
あくまで、自分の死後のことまで予測した上でのギアスだったのだなと思いました。




この時代に生まれこの作品を見れて幸せに思う。


ちょっと時間がないので、ここまで28日20時現在は記事を書くのを止めますが、
後日、感想の完全版をUPいたします。


下記からが完全版として加えた箇所です。


スザクの贖罪


この作品のもう1人の主人公。スザク。彼は生きて、その人生の全てを世界に
捧げるというものであった。さらに、憎しみがほとんど消えた状態で、
最愛の親友を自らの手で殺す。スザク自身、ゼロレクイエムのためとはいえ、
非常につらい選択だったと思う。ここまでのキャラクターにするためには、
やはりユフィの死・親友との対峙などの苦悩が必要であったのでは?
実際、物語中盤(トウキョウ決戦)などで死んでしまった場合、この作品は
成り立たなかったのは、目に見える。
この最後にルルーシュを殺すシーンまでを含め、スザクの成長なのだろうと、
見ていて思わず納得しました。


最終話タイトルRe;とは?


コレに関しては、皆さん多くの意見があると思いますが、
自分は二点あります。


「Re;」これは返信という意味。
つまり、最後のC.C.からCの世界にいるルルーシュに宛てたものをあらわしている
というものがひとつ。


そして、もう1つは。
Requiemの頭文字からきているというもの。
Bパートを見ていただければ分かると思うが、ルルーシュがスザクの剣に
さされ、ナナリーに見送られるシーンより、黒石ひとみさんの曲がかかりました。
これより推測したものです。この曲はルルーシュを送る「鎮魂歌-レクイエム-」だと。


この最終話のタイトルは、この2つの意味がこめられているのではないだろうか?
と思っております。個人的には、後者のレクイエムの方が、物語の主人公
ルルーシュを前面に押し出しているなと思ったり。


批評・感想


このコードギアスという作品は、ネタと思われるのかもしれないが、自分自身に
生きる希望を与えてくれた作品だ。物語が始まった当初、自分は不登校から
持ちなおし、高校に通っていた。ただ、イジメの中にいるという環境は変わらなかった。
そんな中で、この作品に出会い。今思うと、安易な考えかも知れないが、次の話を見るために
今週も頑張ろう。そう思いながら、学校に通っていたことは、今でも鮮明に思い出す。
私の人生観に大きな影響を与えてくれた作品と言っても過言ではない。

ただ、生徒会をやってたとき、ルルーシュと同じ事をしていたのだな。
と思ってしまいました。最後は、悪となるが、後世に残す。と。
この変は気が向いたらまた書きます。

さて、自分の話はココまでにして。物語全体の感想。
近年のオリジナルアニメ作品としては、郡を抜いて一番だと思う。
しかし、これは作品として満点というわけではない。
コードギアスという作品は、確かに面白く多くのファンは言うだろう。
「最高傑作だ」と。否定はしません。だが、本当に満点の作品なんて
世の中には存在しないと思う。これは、あくまで私個人の考えですが。

偉そうに書いてすいません。


物語としては、最高です。
しかし、
一期で触れたC.C.の本名これが、1番気になっていたのですが、
それを二期では、空気扱いで全く触れず、終わってしまったところでしょうか?

それに多くの伏線が謎のままに終わってしまったこと。
これが残念で仕方ありません。

まぁ、もうひとつ言わせてもらえるなら、放送の形態です。
製作中どんなことがあったかは、知りませんが一期で無駄に2話も
総集編を入れ、24・25話を放送終了後、3ヶ月後に公開。
そして、それから9ヶ月後にR2放送と、あまりにも放送までの期間が長すぎたのが
個人的に不満です。また、商売が種みたいになったのが・・・。


放送形態を除いての作品全体の評価。

植民地・テロ・兄弟愛・ダークヒーロー。この全てが含まれており。
今のこの時代にあっていた全てが入っていた作品だと思います。
さらに、深夜枠からの反逆という面でも、かなり評価されてもよいと思う。
キャスト・スタッフもこの上なく、豪華絢爛でありこれを越す深夜アニメは、
本当にここ数年なかったと思います。
また、深夜アニメでも成功すれば新たな枠を作ってもらえ
多くの方に評価されるんだということを、表してくれた作品だと思う。

また、前半、批判ばかり書きましたが。
テレビシリーズとしては、破格の作画・ストーリー。
これは、歴史に残るといっても過言ではないでしょう。

10年後に見ても面白い作品。

きっと、コードギアスはそういう作品なのでしょう。

この作品を製作してくれた、全ての関係者に感謝を。

そして、ありがとう。

例え、10年20年先にこの作品を見た時、今と評価が変わってしまっても。
今、この瞬間感じたことは、一生忘れない。




ただ、ルルーシュが行ったことを知り、笑顔で暮らす人は世界で何人いるのだろう?
その点では、あまりにも彼の反逆は悲しみに満ちたものだといっても過言ではない。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuronokishi9901.blog62.fc2.com/tb.php/38-124c45ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。