機動戦士ガンダム00 第12話「教義の果てに」

ここでは、「機動戦士ガンダム00 第12話「教義の果てに」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダム00 第12話「教義の果てに」


ff





 


00史上もっとも名言が増えた日だと

言っても過言ではないだろう・・・




今回は、皆さんあまりストーリーに触れず、
素晴らしいネタの宝庫のガンダムだとでも思っていただければ幸いです。




さて、本編はというと、貧乏皇女が統治するアザディスタン王国はというと、



sssssss





























暴動 キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!



国連の支援を求めることが、まさかこのような事態になるなんて・・・。
皇女、涙目・・・。



「内戦」


っという、
最悪の事態も視野に入れなければならないことを指摘される。



特報!「アザディスタンの宗教的指導者ラフマディ誘拐」



ソレスタルビーイング出撃フラグ立つ。






f





























ルイスママ 「よく見ると凛々しい顔をしてるのねぇ。」
     沙慈    「えっ!そうですか?」

ルイスママ 「似てるわ・・・・」
             沙慈   「何にですか??」

ルイスママ 「主人の面影がある♪」
   
ルイス  「ないって!つーか、パパまだ生きてるし!」







ショートコント炸裂!


ショートコントの間に、武力介入開始。


っさ







ロックオン兄さんかっこよすぎるよ!



そして名言たちが生まれた・・・・




ss








名言1

「グラハムスペシャル!!」



何?このあまりにも安易過ぎる名前は・・・・。
しかし、名前とは裏腹に意外と強かったりする。





あああ





















名言2

「あえて言わせてもらおう!

  グラハム・エーカーであると!!」



武力介入終了後の刹那・・・。


が

















名言3


「俺は・・・、ガンダムになれない!!」



次回予告にて。


t










次回「聖者の帰還」



名言4


「刹那、ガンダムとなる」


~感想~


本編の感想っというより、年内最後の放送で、こんなに名言が生まれ、
ある意味「カオス化」するなんて、誰が思っただろうか?
こんなに名言が生まれるなんて・・・。
次回は、刹那がガンダムになるらしいので、馬鹿正直にその言葉を真に受けて
見てみようと思う。今回は、ロックオンと刹那は活躍したものの、
他、二人がぱっとした活躍のないまま終わったのが残念。


にほんブログ村 アニメブログへワンクリックお願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuronokishi9901.blog62.fc2.com/tb.php/168-f7324399
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。