機動戦士ガンダム00 第13話「聖者の帰還」

ここでは、「機動戦士ガンダム00 第13話「聖者の帰還」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうも、黒の騎士です。
今年初のキャプ画感想はこちら。


機動戦士ガンダム00 第13話 「聖者の帰還」

dddddd









さて年が変わって少々お忘れではないでしょうか?

ここでおさらい。

手っ取り早く言えば・・・・。



アザディスタンで内乱勃発!!

ggggggg












内乱を仕組んだ第三者がいることを示唆する三人。

理由を探るためロックオンは刹那に調べに行かせる。

ffff

 

 

 



現地住民になりすまし(少々浮いていますが・・・)調査する刹那であったが、

偶然、同じ場所を調査していたグラハムとカタギリに会う。

kj




















普通に見つかり、

ちょっとした尋問タイム!!

グラハム「少年!君はこの国の内紛をどう思う?」
刹那   「えっ?」
カタギリ 「グラハム。」
グラハム「この国の内紛をどう思うかな?」
刹那        「僕は・・・」
グラハム「客観的には考えられんか。なら、君はどちらを支持する?」
刹那        「支持はしません。どちらにも正義はあると思うから・・。
            でもこの戦いで人は死んでゆきます。たくさん・・死んでいきます。」

グラハム「同感だな」
刹那        「軍人のあなたが言うんですか!?」
グラハム「この国に来た私たちはお邪魔かな?」
刹那        「だって、軍人がたくさん来たら被害が増えるし・・・」
グラハム「君だって戦っている!」
刹那        「ふぇっ!?」
グラハム「後ろに隠しているものは何かな?」
刹那        「くっ!」
グラハム「怖い顔だ。」



っと言う具合に尋問。
ニュータイプ並みに勘がよすぎるグラハムさん。
この後、グラハムは刹那たちが探している、第三者の情報をわざとらしく行って帰る。
この時点で彼は、


刹那=ガンダムマイスター=ガンダム


っと思っていたのかも知れない。

その後、刹那はグラハムの情報を元に、この内紛の首謀者である
アリー・アル・サーシェスを探し出す。
そこは、刹那にとっての思い出の地でもあった・・・・。


今回のミッションはプラスα要員として紅龍(ホンロン)さんも。

d










この紅龍(ホンロン)さんがこの後やってくれるとは誰が思っただろうか?

ggg




















































刹那  「あんたの戦いは終わってないのか!!」

アリー 「音声?」

刹那  「クルジスは滅んだ!!」

アリー 「知ってるよ!」



刹那  「あんたは何故ここにいる!
      

      あんたの神はどこにいる!答えろ!!」


アリー 「そんな義理はねーなぁ!!」



エクシアとフラッグの熱い戦い。
久々に燃えました。
しかし、あと少しのところで、フラッグを逃がしてしまう。


人質のほうは別グループが連れて逃げていってたのだが・・・・。


別グループはロックオン兄さんのが足止め。



g












ロックオン兄さんかっこよすぎ!!

そして、あいつが現れたんだ・・・。

マスクをつけたあいつが・・・・。


masukyu
































おまけでもうひとつ!!


dddd













マスクマン=紅龍


ごめん・・・・、せっかくいい話だったのに・・・。


無事に人質を確保。


そして・・・・・

ffffff





















非武装エクシアで人質をお届け!!


無事にお届けが終わり帰ろうとする刹那に貧乏皇女か一言・・・


ddddddd













「刹那・F・セイエイ!!」



貧乏皇女自重しろ!!



第13話 完



~感想~

今回もティエリアとアレルヤの出番はほとんどなく空気状態。
序盤の刹那とグラハムの掛け合いは、グラハムの勘の良さが目立ち
普通に面白かったりした。Aパートは、シリアスムード全快だったのに、
どうして、水島監督はBパートであんなネタとしか言いようがない
仮面の男をだしたのだろうか?あのまま話が進めばよかったのに・・・・。
エクシアの戦闘シーンは短かったが、刹那の心情がそのままエクシアの
動きになった気がする。あの激しい動きは、刹那の感情そのものだろう。
そして最後の、非武装のエクシアでの人質解放はソレスタル・ビーイングの
理想を現すためのプロパガンダになったのではないだろうか?
しかし、アザディスタンでの内紛はまだ絶えない・・・。
これは、いかに現実の戦争がすんなりすぐ終わるものではないというのを
アニメで表しているなと感じた。
実際、現実の戦争はゲームやアニメみたいにすぐお互いが憎しみあわず
仲良くなるものではありませんし。
そして、最後の貧乏皇女の一言・・・・。
聞かれてたらどうするんでしょう?


にほんブログ村 アニメブログへ一日ワンクリックお願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuronokishi9901.blog62.fc2.com/tb.php/157-9a176b76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。