コードギアス反逆のルルーシュR2 第02話 「日本独立計画」

ここでは、「コードギアス反逆のルルーシュR2 第02話 「日本独立計画」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スザクなんて死ねばいいのにwww

PDVD_002

 

 

 


  コードギアス反逆のルルーシュR2 第02話 「日本独立計画」

PDVD_001

 

 

 

 

 


第一期の第25話で最後に撃ち合ったスザクとルルーシュ。
その勝敗は、スザクの勝ちであった。
敗北したルルーシュは、ブリタニア皇帝の前に引きづられていき、
皇帝にギアスをかけられ記憶を消されてしまった。


スザク 「ゼロを連れて来たので、ナイト・オブ・ラウンズにしてください」

最低すぎてワロタwww


PDVD_004

 

 

 

 

 

 

ヴ ィ ン セ ン トキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

普通にかっこよすぎwww。そして、よく動く。


PDVD_007

 

 

 

 

 

 

 

日 本 人 よ 私 は 帰 っ て き た


ゼロの復活の演説です。かっこよすぎるwww。
演説内容も日本人をもう一度、奮い立たせるような内容でしたし。



PDVD_008

 

 

 

 

 

 

まさかのロロがギアス能力者!!

ディートハルトが無精ひげをを生やしてゼロの復活を喜ぶシーンが良かった。


〔感想〕
これでようやく、ルルーシュが、なぜ記憶が消されていたか?
スザクがなぜ、ラウンズに昇格できたかという謎が解明されました。
スザクというキャラクターは、一般視聴者は嫌うかも知れませんが、
今日まで、私は好きでした。
それは、彼が「ユーフェミア」を殺されてからの変貌も、「彼自身」であると見てましたし、
それに彼の今までの境遇を考えると、当然と考えることができたからだ。
小説版のほうを読んで、個人的にはしっかりスザクの心情が分かっているつもりです。
しかし、あんなに大事にしてた友達を「売り飛ばし」自分をラウンズに入れろなんて、
ことを言ってしまったので、ぶっちゃけ嫌いになりました。
スザクの言葉を借りるのであればこれは「ルール」を破ってるのではないだろうか?
「友達を売って昇格し国を中から変える。」どう考えても最低の人間としか考えられません。
ルルーシュが甘かったのかもしれませんが彼は、最後までスザクを敵にしたくないと
思い、殺さずに生かしておいたというのに・・・。
近年のアニメでここまで嫌いになったキャラクターは久々な気がします。

本編のほうに触れてみます。
皇帝の能力は現段階では「記憶の改変」と考えていいのでは?
ただ気になるのが、ルルーシュに対して「使い道がある」っといったこと。
そして、ギアスの模様が両目にあったこと。
これが一番の謎かと。
皇帝のギアスも暴走してるのでは?っと、思いましたがさすがにそれは
違ったようですね。

卜部が死んでしまいましたが、男の生き様を見た気がします。
最後まで日本人のことを考えて逝ってしまった彼の生き様は本当に、
良かったと思いました。

さて、期待の新型ナイトメア「ヴィンセント」。
瞬間移動できるようですが、なぜに?
物理的不可能と思うのですが・・・。来週にでも明かしてくれると
うれしいです。作画面では、高品質かと思っています。
登場の仕方が第一期のランスロットを彷彿とさせますが、
実によく動きます。ひとつひとつの動きが凝っていてキレがあります。
作画さんの力の入れ方が身にしみます。

そして、ゼロの復活の演説。
やはり、かっこいい。鳥肌ものです。日本人を奮い立たせるための演説とはいえ、
第一期同様、人を引き寄せる力があったような気がします。

最後に、ロロがギアス能力者であることが分かりましたが、
今回のギアスは、能力者がやたら多い気がしますね。
しかも、そこで来週に続く・・・。どんな生き殺しだよまったく・・・。
何より、ディートハルトのゼロ復活が分かったときの行動が何よりワロタ。

今回の第二話も、一期の第二話のオマージュと考えていいみたいですね。

にほんブログ村 アニメブログへ banner2 

  1クリックお願いします。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuronokishi9901.blog62.fc2.com/tb.php/127-5579e0a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。