FC2ブログ
小島秀夫監督、小島プロダクションを愛する男のブログ。も、もちろんスパロボも好きです!

ロロ・・・。

お前は、ギアスの一番の被害者だ・・・。

 


遂に、ゼロの正体がブリタニアの皇族であるルルーシュ・ヴィ・ブリタニア
だと、ブリタニア宰相シュナイゼルの口から、騎士団に明かされる。

騎士団に命を奪われそうになるが、ロロのギアスによって
難を逃れる。

しかし、ギアスを乱用しすぎたロロは「ギアス使用時間は心臓が止まる」
いう、制限があるため命を落としてしまう。

そして、ナナリー・シャーリー・ロロ・騎士団・・・

全てを失ったルルーシュは再び誓う。



「ブリタニアを破壊する」と・・・・。

っと、今回はこのようなお話。
まさか、このタイミングでゼロの正体が暴かれるとは・・・。
まぁ、先週の朝比奈死亡時点で予想はついていましたが、やはりバレましたね・・。

まぁ、物語的に「騎士団の崩壊」・「ゼロの正体が暴かれる」っという
この2点は、必要だとは第一期の時にも思っていたのですが、
一気に二つ持ってくるとは思ってなかったので焦ってます。(やってくれるな谷口悟郎)


ボロボロのルルーシュに目的を果たしてもらいたい。

これが、個人的な願いですがココまで、話を多少は予想していたのですが、
ココから先は、自分の妄想力では限界があり、無理です・・・。
(こっから先は、プロの方に・・・)
来週からのギアスが、楽しみで仕方ありません。
あと、OPが多少変わった気がします。

そして、何よりのロロの死。
物語序盤から、キーキャラクターでありながら、そんなに目立った活躍の場がなかったのですが、
今回の話で
「彼の存在意義」が分かった気がします。(ヒドイな俺・・・)
本当の兄弟でないと・・・利用されていると・・・・分かっていたにも関わらず、
ルルーシュを助け命を落とす。



「兄さんは嘘つきだから・・・」


本当に、ルルーシュのことが好きだったんだなぁと心から思いました。

「兄弟愛」ってこんなにも美しいものなんですね。
個人的にはナナリーより・・・。(マテ


ロロがウザイと思ってた全視聴者は、今日で考えを改めてください。

さて、フレイヤの話にも触れましょう。
変態科学者ニーナさんの作った「大量殺戮兵器」なのですが、
彼女自身「覚悟」がなかったように思えます。もう、アホかと・・。
あんだけ、作ったもの自慢してたのに。
来週からの心情の変化に期待です。

スザクは、もう崩壊したかと・・・。
やはり、自分の手で引き金を引いてしまったのですから。
ある意味、ゼロと同じ修羅の道を彼自身もう、歩き始めたのかもしれません。
(それを、言ったらルルーシュを皇帝に売り払った時からかもしれませんが。)

総合的な感想としましては、
やはり、ギアスはすごいということで。
ここまでの超展開は、近年のアニメでは少ないので。
あと、6話このまま勢いに乗ってもらいたいものです。

そういえば、C.C.どうすんのかなぁなんて思います。
カレン・ジェレミアは、最後までルルーシュに付いて来てくれる気もしますが。



スポンサーサイト