スパロボL関連

ここでは、「スパロボL関連」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発売してちょうど一週間ぐらいな本日、ようやくクリアしました。
スーパーロボット大戦L 特典 「スーパーロボット大戦L」オリジナルマルチケース付き
スーパーロボット大戦L 特典 「スーパーロボット大戦L」オリジナルマルチケース付き
バンダイナムコゲームス 2010-11-25
売り上げランキング : 65


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


まぁ、こっからは個人的な感想ですが、前作であるスパロボKなんかよりも全然面白い。
ストーリーも文句ないぐらいちゃんと出来てます。本当にスパロボKってなんだったんでしょうね。

■ グラフィック面
今回の参戦作品はKと被ってるものも多くほとんどが流用ですが、
それなりに手を加えてアレンジしてあったりして、どこが変わってるか
捜してたりしてました。マジンカイザーは、一新してたかなー。
そして、今回の新規参戦組グラフィックですが予想以上に頑張ってました。
ラインバレル・マクロスF・イクサー系と自分の好きな作品が多く出てたので、
期待してましたが原作に基づいた戦闘シーンが印象的です。
特に、マクロスF・ラインバレル系の合体攻撃は物語の本当に後半にしか
使えませんが、見て絶対に損はありません。(まぁ、イベントですしね。)

■ ストーリー面
スパロボって何が楽しいか?って言われるとやっぱり、
ストーリーなわけです。また、Kの話になりますが残念だけど、
Badエンドがトゥルーエンドみたいな訳の分かんないのは、ファンが望んでる
ものなんかじゃないわけです。
携帯機のストーリーとしては、上出来です。
何より、種運命が綺麗に使われていたのと主人公勢がまともだったことでしょう。
ありがとう、スパロボ制作チームって感じです。
評価は付けづらいんだけど、今作は携帯機最高峰のWと同じかそれよりちょっと下かな。
やっぱり携帯機は、奇数の発売組のほうが良作なのかなぁ。

■ システム面
簡単な小隊制みたいなもんですけど、今回は珍しくアイテムがなく
そこをこのシステムでカバーするっていう斬新な発想。
携帯機ですし、これぐらいの冒険は十分あってよし!
それに、このシステムのおかげで普段使わない機体も使えた気がします。
悪くないですが、小隊の「登録」がなかったので分岐の旅に、再編成しなくちゃ
ならなかったのでぶっちゃけ面倒でした。

■ 難易度について
携帯機って難易度緩いように思えるんですけど、意外と今作はシビアでした。
敵のレベル設定・勝利条件・ボス的の能力&攻撃パターンと、
かく言う自分もクイックセーブのタイミングを間違えて一度全滅しました。
今回は、セーブをこまめに取りすぎると際どい事が多いので注意です。
そして、近年の流れから「熱血」を覚えるのが遅く、地道にスキルパーツ与えたり、
武器を改造しないと面倒になります。また、今回MAP攻撃を持つ機体が少ないのにも
関わらず最終局面においてはボスが普通にMAP攻撃を二階連続で打ってきたりするので、
そこに多少ならず理不尽さを覚えたのは僕だけではないでしょう。
初見殺しとまでは言いませんが、がっつりプレイできるレベルです。

■ 全体的なこと
ストーリー・グラフィック共に問題なく楽しくプレイできました。
いやぁ、本当に前作のKって・・・なんでもないです・・・。
この水準の携帯機ならこれからも大歓迎です。
ぶっちゃけ、今回も大惨事だったらしばらく携帯機は購入を控えようと
思ってたのですが、これだけのものを作れるのでしたら大歓迎。
まぁー、そろそろDSからハードを移して声付きでの携帯機もプレイしてみたいです。
PSPで新作出せば良いのになぁとか。

まぁ、良作です。
悩んでる方、お財布に余裕がある方。
買ってもOKですよ!前のような悲劇は起きないから!!
スポンサーサイト
スパロボLは、原作のアレンジが綺麗だし文句ないです。
難易度はまぁ、そこそこだし、楽しいですねー。今日はモンハン発売だし、色々と大変です。
いやぁー、昨日からずっとプレイしてますけど面白いですよ。
心配してた主人公がミストさん・・・的なことはないし。
安心のLです。
一応、機体は主人公・アルト姫・ラインバレルぐらいを強化してプレイ。
簡易感想ですが、Lは安心してプレイできます以上!
さて、本日はネット上でも話題となったこの作品を紹介。
機動戦士ガンダムSEED

機動戦士ガンダムSEED DVD-BOX 【初回限定生産】
機動戦士ガンダムSEED DVD-BOX 【初回限定生産】
バンダイビジュアル 2010-02-23
売り上げランキング : 6893

おすすめ平均 star
starやっぱりSEEDが一番!
starサンライズの汚点
starおそらくガンダムシリーズ最後のDVD-BOX?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ガンダムシリーズの中で一番、賛否両論ある作品だと思うんですけど、
自分としては結構好きです。
放映当時、中学生だった自分としては今までリアルタイムでは
アナザー世紀のガンダムしか見たことなくて、ファーストに似たSEEDのつくりは、
まるで自分がファーストをリアルタイムで見ているような気持ちになったのを覚えてます。
しかし、如何せん戦闘のカットに面白みが少ない。
これは次回、紹介する続編である「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」にも同じことが
言えますが、戦闘シーンの使い回しが非常に多いです。
他にも、物語冒頭の回想シーンの多さ・総集編の多さなどが、
作品としてのテンポを悪くしているように思える。
勿論、総集編だって物語を作るうえで必要だとは思いますが、
入れるタイミングと頻度の問題なのです。
あと、デジタルアニメ初期だからってのものあると思うけど、
CGを使ってる所が浮いて浮いて仕方ないってところでしょうか?
ネットで非常にたたかれてましたけど、
ガンダムSEEDの文句って、僕としてはコレぐらいなんですよ。

実際、作品としては21世紀のファーストガンダムっていう位置づけで
作ってるから、物語の王道を突き進んでる分けですし「全体のブレ」ってのは、
なかったように思えるんですよ。
商業的にも非常に成功してますしね。
「土6」の地盤を作ったのもこの作品ですし、風評だけで作品を見ずに
非難をするのは如何なものかと思っちゃいます。

それでも、物語に納得のいかない方もいるでしょう。
しかし、コレだけは分かっていただきたい・・・。
挿入歌を含めて曲は非常に良いんです!


西川補正と言っても良い位、曲がいい感じで使われています。

ファーストの焼き直しと思わずに新しいファーストガンダムと思ってみることをお勧め。
福田監督作品なら、サイバーフォーミラーや電童も良いでしょう。

劇場版マクロスF~イツワリノウタヒメ~ Blu-ray Disc(PS3専用ソフト収録) 特典 初回生産限定封入特典「劇場上映 生フィルムコマ」&「クリスマスライブ」プレゼント応募コード付き
劇場版マクロスF~イツワリノウタヒメ~ Blu-ray Disc(PS3専用ソフト収録) 特典 初回生産限定封入特典「劇場上映 生フィルムコマ」&「クリスマスライブ」プレゼント応募コード付き
バンダイナムコゲームス 2010-10-07
売り上げランキング : 7


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


どうやら記事投稿がうまくいってなかったみたいですいません。
ちょっと書き直してみたりして分量をUpさせましたのでご勘弁をw
友人にも続けて欲しいといっていただけたのでこれからも作品紹介していきます。

本日紹介するのは、この作品。(画像は、劇場版のものをしようしております。)
2008年4月放送開始のマクロスFです。時期でいうとちょうど、「コードギアス R2」と
同時期に放映されたものです。

余談なんですけど、この作品。4月に放送が開始されたんですけど、実は07年の年末に
プロトタイプバージョンの1話が特番として河森監督も自ら出る形の番組として放映
されてたんですよね。いやぁ、テレビ局も河森の監督の作った「創世のアクエリオン」の
OP曲である「創世のアクエリオン」がパチンコのお陰で、
ブームに乗っかって特番作っちゃいました)キラッ!的な
オーラがあったのを覚えてます。芸人集めてワイワイやってましたね。

さてさて、話が脱線してしまいましたが全編通して感じたのが
「デジタルアニメ」と「CG」の融合に違和感を感じなかったことです。
自分は「マクロス ゼロ」(以下ゼロと略します)の時も違和感なんてものは感じなかったのですが、
ゼロの時はOVAであり時間も十分にかけて作品を作れたと思うんですが、
今作は、マクロス7以来13年ぶりのテレビシリーズであり、とにかく作品を作る時間が
大幅にゼロと違ったので当初心配していたのですが、僕の心配を裏腹に
高クォリティな作品として仕上がっています。放映当時は、まだまだBD普及は今よりも
圧倒的に低かったのですが作品の高クォリティを最大限に活かして、試聴したいという
消費者が多かったためかBD版が非常によく売れていたのも懐かしいものです。

物語の時系列はマクロス7からの続きとなるんですが、
過去作品のネタが物語に散りばめられており、マクロスシリーズを知っている方なら
大いにニヤニヤ出来た内容だったでしょう。冒頭で出てきた「マクロス ゼロ」も
作品中1話を丸々使うという形で作中にも登場したり、
大ヒットしたOVA作品「マクロスプラス」で登場したヴァルキリーの「ゴースト」も
登場したりしてとにかくマクロスファンなら見て悪い気はしないはずです。

マクロスと言えば、なんと言ってもヒロインたちの歌です。
今作は、シングル・アルバムと販売される度にオリコンチャートを圧巻。
自分も何枚か購入しました。作曲は、河森監督と10年以上前から付き合いのある
菅野よう子さんが行っており、彼女の才能溢れる曲を毎回TVで聞けるというのは、
自分にとっては贅沢そのものでした。

さて、これまでに映像や音楽といったマクロスの魅力を紹介してきましたが
マクロスでは伝統になりつつある。
三角関係についても触れてみましょう。

えっと、ですね・・・。
主人公の出した答えなんですけど・・・
「お前たちは、俺の翼だーーーー!!」


なんて最終話で言っちゃって、二股かけたまま最終話となりました。
そうなんです。
マクロスFのFとは、「フロンティア」の意味ではなく。「二股」のFだった!!ってことを
当時ネットで騒がれてましたね。
これに関しては、自分はとくに異論がなかったんですよね。
勿論、ひとつの答えを導き出すってことは大事なことだと思うんですけど、
もし、選べなかったらどうすればいいのか?って考えた時、
選ばずにそのまま進むこともありだと思うんですよ。
男女関係だけでなくとも考えられるんですけどね。

それにマクロスという作品は常に、「新しさ」・「斬新なセンス」。
この二点を大事にしてた作品なので、期待を裏切ってくれた面では、
「新しさ」を追求した作品なのかなぁと思います。

先日、紹介した「鉄のラインバレル」のCGとは比べ物にならないくらい、よく動き
繊細な作りの機体が登場しますし、何より歌と映像がこれ以上ないだろうと
思うぐらいマッチしております。
(もちろん、OPもそうです。二期のライオンは本当に良かった・・・)
個人的にお勧めの回をひとつ紹介しろと言われたら迷わず選ぶのが

マクロスF 第07話 「ファースト・アタック」です。

とにかく、序盤は「ロボットアニメは苦手・・・」という方も、7話まで見てください。
ある意味、最終話クォリティな話なので。

この作品、現在劇場版を順次公開してまして前半である
「イツワリノウタヒメ」という作品が近日、販売されるのですが
テレビシリーズとは、全く違った展開のマクロスFが堪能できてお勧めです。

ではでは、本日はこれにて。

【雑記】
シュタインズゲートのサントラがアニメイトに売ってあったので、
早速購入してきました。

あなたの一票で僕が救われます。良かったらワンクリックお願いしますw 
にほんブログ村 アニメブログへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。